最近のオーストラリアのタバコ持込み免税枠


かなり前に「オーストラリアに持ち込めるタバコの免税枠」のエントリーを書きましたが、最近はまたさらに厳しくなっているようです。

Duty free concessions

免税枠はどれくらい?

Tobacco
From 1 July 2017, you can bring 25 grams of tobacco in any form (cigarette, loose leaf, etc.), equivalent to approximately 25 cigarettes, plus an open packet, for each traveller 18 years or older, regardless of whether you are travelling as a passenger or crew member.

以前は50本まで免税だったのが、2017年7月から25本と開封済みの一箱になりました。つまり、自分が今吸っている分とお土産の一箱ということでしょうね。

免税枠を超えるとどうなる?

What happens if I exceed the duty free limits?
If you exceed Australia’s duty free limits, duty and tax will apply on all items of that type (general goods, alcohol or tobacco), not just the goods over the limit.

そして、免税枠を超えた場合は超えた分だけでなく持ち込んだ量全部に対して関税が掛けられます。
じゃあそれはどれくらいかかるかと言うと、ここに書いてあります。

13.2 Tobacco taxes in Australia
https://www.homeaffairs.gov.au/trav/ente/duty-free-concessions

これによると、2018年の3月から1本0.8グラム未満のタバコ1本当たり0.71046ドル(約60円)、それ以上のタバコについてはキロ当たり916.72ドル(約7万5千円)です。
例えば日本を発つ時に空港の免税店で1カートン(10箱)を買ってオーストラリアに持ち込もうとすると、最悪一箱(20本入)がおよそ25グラムで1本0.8グラムを超えるとみなされれば、本数ではなく総重量で計算され、約230ドル(1本当たり約1.3ドル=約107円)の税金を払うことになります。免税でセブンスターならカートン買いで3,000円(約36ドル)なので、一箱当たり合計で26ドル強かかることになります。正確にはタバコ一本に含まれるタバコの量で決まるので、一本当たり0.8グラム以下とみなされた場合には、一箱で約14.2ドル(約1,200円)、1カートンで約142ドル(約1万2千円)の税金で済みます。これが関税(Customs duty)分です。「duty and tax will apply」と書かれているので、さらに消費税(Goods and services tax:10%)もかかります。いづれにしても、今オーストラリアではタバコ一箱は30ドルかそれ以上しているのでそれよりは安くはなりますが、申告して税金払う手間を考えるとあまり気軽にお土産で持ち込む感じじゃないですね。

余談

ちなみに、空港の免税店で購入できるタバコはカートン単位です。バラでは買えません。喫煙室に設置してある自動販売機ならバラで買えますが、免税ではありません。それにタスポが必要なのでタバコを吸わない人がタバコを買おうとすると割と詰みます。ノンスモーカーの私がまだ2箱までOKだった時に空港で2箱だけ買おうとして買えずに自動販売機の前で困っていたら喫煙室で一服中の米国行きの人が声をかけてくれて、自分用にカートン買いしてたタバコから2箱を定価で分けてもらえたという事がありました。

追記

タバコ一本に含まれるタバコの量の資料を探していたら、以下のIQOSの資料の中に見つかりました。
Applicant ADVISORY COMMITTEE BRIEFING DOCUMENT
https://www.fda.gov/…/TobaccoProductsScie…/UCM593108.pdf(PDF注意)

(Page.14)
The tobacco stick (Figure 1C) contains much smaller amounts of tobacco compared with a cigarette (~320 mg compared to 550-700 mg).

これによるとIQOSのHeat stick一本に含まれるタバコは0.32グラム以下、一般のタバコ一本に含まれるタバコは0.7グラム以下で、共に一本当たり0.8グラムを超えないようです。したがって、税関ではどちらの場合も一本当たり0.71046ドル(約60円)で計算されると思われます。

責任回避

エントリー中のタバコ一箱の重さなどは割と適当ですので目安程度に考えて下さい。また、実際に税関で関税が幾らかかるのかは保証の限りではありませんので、正確を期する方は予めご自身で調べてください。このエントリーの情報を元に行動された結果として何らかの不利益があったとしても私は一切責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です