Settlement

Settlementと言っても売り買い双方の弁護士同士のやりとりなので特にする事もなく連絡待ち。夕方にカギをSolicitor事務所で受け取って早速新居へゴー。

明日は荷物とか入っていないうちにペストコントロールをするので軽く掃除。

Final Inspection

明日のSettlementを控えて物件のFinal Inspectionをしました。現オーナーから色々な機器の使い方とか教えてもらってとりあえず終了。

その足でANZへ行き、決済代金のBank Chequeを作る。それをSolicitor OfficeにDropしておしまい。

家探し(21)

Solicitor(弁護士)からSettlementが6月5日に決まったと連絡を受ける。最初、契約の日から30日後の6月8日に決まっていたのだ が、ここは日本の習慣を持ち出して大安の日に変更してもらったのだ。その次の日にペストコントロールをして、その翌日6月7日に船便の荷を届けてもらうよ うに考えている。

家探し(20)

20070515-162553.jpg

今日はビルディングインスペクション。

インスペクターが家のあちこちを見たり叩いたりして家に欠陥などが無いか調べてくれます。下の写真のように屋根に上って屋根の具合もちゃんと見ま す。 この物件は瓦の三角屋根ではなくフラットな鉄板屋根なので下からは良く見えない部分でどんな状態か心配していましたが判定はGOOD,FAIR,POOR の3段階でPOOR。所々サビがあったりそれを補修した跡があったり一箇所水が溜まってたりした結果この判定になったようです。私としては中古物件なので まあ許容範囲だろうということでこれはOK。あと、境界のフェンスにシロアリがいました。これもオーストラリアではシロアリはどこにでもいるので家に居な ければ良しとすることにします。プールの表面処理が古くなってきているとか雨どいの排水処理がいまいちとかあったけどこれもOKとしました。雨どいはプー ルがあるのでいづれすぐに雨水タンクを設置しなくてはならないので問題ないでしょう。

ということでビルディングインスペクションはOKということで住居は確定です。
20070515-162356.jpg 20070515-162535.jpg 20070515-162454.jpg 20070515-162035.jpg