FreeBSD (smtp-auth)


sasl2を入れてsmtp-authを有効にするために/usr/local/etc/postfix/main.cfに以下を追加。

####################
# SMTP AUTH w/SALS2
#
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
broken_sasl_auth_clients = yes
smtpd_recipient_restrictions = permit_mynetworks permit_sasl_authenticated reject_unauth_destination

/usr/local/lib/sasl2/smtpd.confを作る。

# cat /usr/local/lib/sasl2/smtpd.conf
pwcheck_method: auxprop
auxprop_plugin: sasldb
mech_list: cram-md5 digest-md5 plain login

/etc/sasldb2を用意しておく。

# touch /etc/sasldb2
# chown postfix:postfix /etc/sasldb2

smtp-authのユーザーを作る。

#  saslpasswd2 -c -u `postconf -h myhostname` username

パスワードを二回訊いてくるので入力する。

ユーザーのパスワードの変更

#  saslpasswd2 -u `postconf -h myhostname` username

同じくパスワードを二回訊いてくるので入力する。

ユーザーの削除

#  saslpasswd2 -u `postconf -h myhostname` -d username

ユーザーの確認

#  sasldblistusers2

参考リンク) 1, 2, 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です