Flexible UploadがWordPress 2.5に対応!

Version 1.9でWordPress2.5に未対応だったFlexible UploadがVersion1.10で2.5対応になりました。

FYI

さくら キャプション
桜が咲いた(Flexible Uploadテスト)

Another HTML-lint gateway

このブログはmySimplifiedというテーマを使っています。しかし、メッセージがスペイン語なのでそれを英語に書き換えたり色々と手を入れています。今日は、Another HTML-lint gatewayで高得点が出るように色々といじってみました。結果は、テーマファイルを書き換えるだけの範囲でこんな感じまでできました。

チェックの結果は以下のとおりです。よくできました

https://www.masashi.org/blog/ を XHTML1.0 Transitional としてチェックしました。
93個のエラーがありました。このHTMLは 96点です。タグが 38種類 820組使われています。文字コードは UTF-8 のようです。

この点数はコンテンツによって変わりますが、画像にAlt属性を付け忘れたりしなければ90点以上は確保できそうです。ここまでくるには、アフィリの埋め込みコードの“&”を”&amp;”とかに書き換えたりも必要。しかし、ウィジェットで「リンク」をサイドバーに貼り付けるとあっと言う間に点数が悪くなります。リンクウィジェットが吐き出す<li>のid属性が全部同じなので減点されるからです。これってWordPress本体の方をいじらないと駄目そうなので今日はパス。

この作業中にWP-PostViewsというプラグインのフックを発見(笑)。さっそくダウンロードしてきて「有効化」しました。これを入れないと、「<span> と </span> の間が空です。」で1点減点になるのです。同時にWP-PostViews Plusというのも見つけたけど、ウィジェットのmost viewed postsがうまく働かない(共存できない)みたいなのでパスです。

“Another HTML-lint gateway” の続きを読む

WordPress 2.5 日本語版

3月29日にWordPress 2.5がリリースされました。日本語版も3月30日にリリースされ、早速2.3.3からアップグレードしました。 まずは、念のため今のディレクトリを全部別の場所へコピーしておいてから、新しいバージョンのファイルをそのまま上書き。その後で/wp-admin/upgrade.php にアクセスして完了。 管理画面が大分見栄えが変わりました。まだ細かく見てませんが、ウィジェットのページでこのブログみたいにサイドバー1と2があるレイアウトの場合にそれぞれのサイドバーをプルダウンメニューで選んで別々に設定しないと駄目になったみたいでちょっと不便かな。前はこのウィジェットはこっち、このウィジェットはあちら、と同じ画面でポンポンと決めることができたので便利だったのですけどね。 もっとも、ブログ自体の見栄えは変わらないので読者のみなさんには関係ない話ですね。

追記:

プラグインのFlexible uploadが動かないみたい。(2.3まで対応で2.5はまだなのかな)
WP Contact Form IIIも動かない。(配布元もDOWNLOADできない状態です)

WordPress MEが終わった?

WordPress Japan 閉鎖のお知らせ」が出てました。今後はMEはアップデートは無いようですね。期せずしてこのブログもMEから本家日本語版に乗り換えたところなので影響はありませんが、どうしたのだろうかという感が否めません。

WordPress MU

WordPressのマルチユーザー版であるWordPress MU と日本語リソースのインストールメモ。

本体は http://mu.wordpress.org/download/ で入手する。2008年3月23日時点でバージョンは1.3.3でした。これ用の日本語リソースは http://code.google.com/p/wpmu-ja/ で入手。落としてきたwordpress-mu-1.3.3.zipを解凍するとwordpress-mu-1.3.3というディレクトリができるのでその中身全部をWP MUを動かすディレクトリに移動。

DBは適当な名前でDBファイルとWP MU用のユーザーを作成しておくこと。

あとはWP MUのディレクトリにhttpでアクセスして指示に従ってインストールを完成させる。ユーザーブログのURLはサブドメイン形式とサブディレクトリ形式を選べるが、私はサブドメイン形式を選択。ドメイン名のAレコードをワイルドカード設定しておく必要あり。あらかじめWP MUのディレクトリとその下のwp-contentを777のパーミッションにしておけばインストーラーに文句を言われる機会が減る。インストール後は755に戻しておくこと。

日本語リソースの方は wpmu-133-ja.zip を展開すると ja.mo ができるので wp-content/languages ディレクトリを作ってそこに放り込む。 wp-config.phpのWPLANGの箇所を

define (‘WPLANG’, ‘ja’);

に変更。管理画面の Option/General と Site Admin/Options でそれぞれ言語設定を日本語に変更保存。