買ってきたパソコンをうっかり設定するうっかりさん


今日はクレームのお話ではありません。
以前の「Googleアカウント登録問題」によく似たお話になります。

ここに初めての方は以下のエントリーをまずご覧になってから読み進めて頂けると良いかと思います。
うっかり適当なメールアドレスを作る人たち
うっかり適当なメールアドレスを作る人たち(2)

事例5:Microsoft (とマカフィー)

メール受信日:2017年4月24日
クレーム開始:(N/A)
クレーム終了:(N/A)

私の「普段使っていないメールアドレス」に覚えのないメールが届きました。
こんな内容です。

お使いのメールアドレスの確認
今回の「うっかりメールアドレス」は、「o0p4o1d9oops@[ドメイン名].com」というものでした。なかなか工夫して絶対に他と被らないよう考えた感じがしますね。でもドメイン名にシンプルな文字列を使ったのはうっかりでしたね。無駄な努力に終わりました。これは私の「普段使っていないメールアドレス」なのです。
ありがたいことに、このメールには、「この要求に覚えがない場合は、ここをクリックして取り消してください。 」と、ちゃんと覚えの無い場合の取り消しリンクがあります。今となっては憶えていないのですが、確かこのリンクをクリックして取り消したと思います。めでたしめでたし。
だったら、何でこのエントリーがあるんだと思いますよね。

うっかりさんがパソコンを設定するとこうなる

下のメールの受信記録のリストを見てください。

下から上へ時系列に並んでいます。これを見ると、今回マイクロソフトからメールが届いた理由がおおよそ想像がつくと思います。
そう、うっかりさんが新しくレノボのパソコンを買って初期設定を始めたみたいなのです。
まずパソコンの電源スイッチを入れ、最初にWindowsのユーザーアカウントを作るところでマイクロソフトアカウントを作らされ、その後レノボのユーザー登録をさせられて、ようやくパソコンが使えるようになったという訳ですね。さらに一週間後、プリインストール版のマカフィーのユーザー登録をしようとしたようです。恐らく、マカフィーの初期設定の時にユーザー登録は「後で」というオプションを見つけて先送りしていたのが一週間後にまたリマインダーが出てきたので登録しようとしたのでしょう。

それから、マイクロソフトアカウントは取り消されてもパソコンの初期設定は完了するみたいですね。まあ、理由は分からないでもありません。メールを受信できるパソコンは今そこで初期設定しているパソコンだけなのかもしれないのですから。
あとは、レノボから何通もメールが来ていますが、これについてはクレームの話として別エントリーでご紹介する予定です。

とりあえずマカフィーは放置

マカフィーなんですが、こんなメールです。

最近では珍しく、HTMLメールではなく普通のテキストメールです。

最初のパソコンのセットアップ中に登録されたメール アドレスを使用して、お客様のマカフィー アカウントを作成しました。

想像したとおり、新しいパソコンの設定をする過程で作られたアカウントでした。
それにしても、過去形で「マカフィー アカウントを作成しました」と書かれています。私のメールアドレスで勝手にアカウントを作られたままなのは困るので、何とかしなくてはなりません。
カスタマーサポートのリンク先を見ても、「覚えの無いメール」の案内は見つからず、コンタクトも0570の電話でしか提供していないようでした。仕方がないので、ついうっかり「次のサイトに進み、パスワードを作成します。」をクリックしちゃいました。


これで、アカウントに入ってメールアドレスを削除あるいは変更できないか見てみます。


登録者名は「Customer Lenovo Consumer」となっていますね。今回は、「ああ、とんでもないものを見つけてしまった!どうしよう?」は無かったです。


ここを見ると、契約はパソコンを設定してから1か月後でお試しが終わるようになっているようです。
この時は、この期限が来てから何かあったらまたその時に考えようと思い、このままログアウトして放置することにしました。そして結局これ以降、マカフィーからメールが届くことはありませんでした。
それにしても、こんなな仕組みで本当にセキュリティが保たれるのでしょうかね?

マイクロソフトからまたメールが

再掲になりますが、もう一度このメールの受信記録を見てください。

今日までうっかり見落としていたのですが、今年の3月17日になって、今回の「うっかりメールアドレス」宛てにマイクロソフトからメールが又届いていました。
こんなメールです。

赤で囲った所にこんな事が書かれています。

同意されない場合は、この規約の発効日までに Microsoft の製品とサービスのご利用を停止し、Microsoft アカウントを削除してください。

「同意」も何も、そもそも私はこのマイクロソフトアカウントの作成に同意していないし、覚えがないので「ここをクリック」して取り消しできてたと思っていましたよ。何でこんなメールが今更送られてくるんでしょうね?
どうやらマイクロソフトもGoogle同様にいつまでも一回取得したメールアドレスはずっと記録保持しているようですね。
これはもう仕方ありません。「削除してください」と言っているので、このアカウントの削除を行うことにしました。

マイクロソフトアカウントの削除方法

ログインできるところまでは省略します。(案の定、アカウント自体は冬眠状態だったみたい。何かアカウントのエリアスとか新たに作らされて腑に落ちない。)
削除方法が結構分かりにくかったので、未来の自分宛のメモとして、ここに書いておくことにします。

アカウントのページから「セキュリティ」をクリック。

一番下の文章中の「その他のセキュリティオプション」をクリック。

この「追加のセキュリティオプション」のページの下の方にある「アカウントの削除」をクリック。

このページにあるチェックボックスにチェックを全部一番下まで入れて行って、

「アカウントを削除する」をクリック。

これでやっと60日後に完全に削除になります。

さて次回は、冒頭にも書いたとおり、レノボの予定です。もちろん、クレームを入れたお話になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です