ビザエージェント

妹の知り合いから紹介されたビザエージェントにメールで問い合わせ。

IELTSでスコアが全科目5以上取れている事と今までの経歴を簡単に伝えて永住ビザの取得の可能性についてコンサルタントしてもらえるかどうかを訊く。具体的には下記のビザカテゴリの取得可能性について

  • 「Skilled Australian Sponsored Visa Subclass 138」
  • 「Skilled Independent Visa Subclass 136」

IELTS 1回目結果

今週末、色々遊びまわって日曜の夜にやっと単身分先のアパートに帰ってきて、そういえばそろそろ結果が届いている頃だと思って自宅へ電話したら、届いていました。電話口で封筒を開けてもらって結果を聞いたら、

  • リスニング 5.0
  • リーディング 6.0
  • ライティング 5
  • スピーキング 6
  • OverAll 5.5

で見事最低基準の全科目バンド5.0以上をクリアしました。

一発合格です。えらいことになりました。

IELTS 1回目受験

IELTSを始めて受験。リスニングは何か問題に集中できなくって聞き逃したのが多くてダメだった。リーディングはまあまあかな。でもちょっと難しかった。ライティングは やっぱり練習不足が致命的であんまり ちゃんと書けなかったなぁ。。。スピーキングはもうほとんど片言エイゴの状態でアワアワしているうちに終わってしまった。

結果的にダメだ~~

試験場で声をかけてきた人がいて、その人は一見して日本人に見えるけど実はフィリピン人(男)でカナダに移民したいのだとか。今日それなりに人と会話を交わしたのはその人とインタビューの時だけだったから今日はほとんど英語をしゃべって終わりました。

あ~何か疲れた~

受験料21,000円なり。

(4月1日以前に申込みの場合。それ以降は23,100円に値上がりしました。)

転勤先

お~寒っ!今日は住まい探し。
単身赴任になるのでワンルームなアパートに決めました。場所は勤務先にも英語学校にも都合の良い場所ということで山科に。ここなら通勤はJRで、英語学校へは市営地下鉄一本でOKです。
で、ついでに英語学校の転校先に立ち寄る。転校先の学校の規模はかなり小さく、授業の振替の選択の余地が殆ど無さそう。転校前にカリキュラムを詰め込んで消化しておいてよかった。

困ったぞ(2) 「詰め込め!」

早速、英語学校に相談。結局、転校は可能だそうだ。全国展開している学校で良かった。で、不測の事態に備えてできる限り転校までにカリキュラムを消化することに。今まで、週に2コマ受けていたのを週3コマに詰め込みました。

ええ、かなり厳しいスケジュールです。(T-T)

転勤は4月なので、それまでに給付金コースを完了できる出席日数にあと何日か足りないとこまで持って行けるようになりました。これまでほとんど欠席したことが無かったことも幸いしました。転校先で1ヶ月ほど通えばOKです。

ちょっとした決心

オーストラリア在住の妹から永住ビザの話を聞いてから色々考えて色々調べて分かったことは「私は英語能力が足りない」ということ。IELTSの点が四科目とも5ポイント以上無いとだめみたい。で、ちょっとした決心をしました。この夏から1年間の予定で英会話スクールに通うことにしました。今日、町田のイーオンで契約してきました。1年後にIELTSを受けてみて合格点が取れるようだったら移民ビザに挑戦してみようと思います。

実際に移民するかどうか分からないけれど45歳前後の時点で仕事の環境がどうなっているのか分からないので今のうちに選択肢を増やすことを色々やっておこうと思います。

英会話スクールは労働厚生省の教育訓練給付制度を利用するので出席率と成績次第でかなり安く受けられることになりそう。(30万円返ってきます。)

日々の四方山話を徒然と・・・