Outbound Port 25 Blocking


こっちに来てからしばらくbigpondのダイアルアップを使っていたが昨日からADSL環境に変わりました。そうしたら突然自分のSMTPサー バー経由でメールが送れなくなったのでADSL回線ではOutbound Port 25 Blocking(OP25B)を行なっていることがわかりました。

そこでpostfixでサブミッションポートの設定をしました。

要するに25番ポートでSMTPを叩くのではなく別のポート(587)でSMTPを叩いて25番ポートのブロックを回避するというものです。当然その別のポートは素のSMTPではなくSMTP-AUTHとかでユーザー認証を行なうように設定されていないといけません。

自分のところのpostfixでは元々SMTP-AUTHで使っていたので単にサブミッションポートを使えるようにすればOKでした。

/usr/local/etc/postfix/master.cf に対し、

submission inet n       -       n       -       -       smtpd
  -o smtpd_etrn_restrictions=reject
  -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

の設定を行なって postfix reload でOK。

あとは、メールクライアントの SMTPポートを25から587に変更すればOK。

「Outbound Port 25 Blocking」への1件のフィードバック

  1. おお、新居に入る前にADSL環境が先に出来ましたか。家探しは最終局面のようですがいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です