geotagの精度

Eye-Fiにはgeotag(ジオタグ)というWi-Fiの電波を利用した位置情報を付加する機能がついています。当然都会などのWi-Fiが多く使われている場所でないと機能しない仕組みですが、実際のところどれくらいの精度で位置が検出できるのか興味深いところです。

下のアニメーションGIFの「修正前」はEye-Fiのgeotag機能オンで検出された写真の撮影場所で、「修正後」は実際に撮影した場所を手作業でプロットし直したものです。数字はその場所で撮影した写真の枚数を表します。

geotag

検出された場所は結構大雑把で所によりかなり変な場所を示しています。それでもFlickr上で後で正確な位置に修正するのに近くの場所が出てきて、そういった作業に便利な程度には正確なのでそれなりの実用価値はありそうです。もっともFlickrで使える地図がGoogle Mapsに比較して結構古かったりするので使いこなすのだったらGoogle Mapsの方がよさそうです。

このgeotagのカバーしている地域は下記のSkyhookのページで確認できます。上の図はBrisbaneの中心部近辺ですがgeotagが良くカバーしている地域のひとつです。Gold Coastは結構まばらにカバーしていますが意外と使い物になっています。多分場所によって色々なんでしょうけど。

日本も相当カバーできているように見えますが詳細にカバー範囲を見てみるとちょっと大都市を外れると役に立たなさそうな感じですね。今度日本に帰った時に色々調べてみるのも面白いかなと思っています。

ジオタグとは何ですか?
What is Geotagging?
Skyhook: How It Works