カプシカムの実

カプシカムの花のその後です。いくつかの実が育ってきています。一応、今こちらは真冬なのですがそれでもこうやって作物が成長する程度には暖かいです。夜中は多分10度前後まで下がっていると思います。ともあれ、このカプシカムが我が家の食卓に上がるのはまだちょっと先のことになりそうです。

カプシカムの花

Capsicum(カプシカム)と言うと日本のピーマンを大きくしたような形で赤や黄色や緑色のパプリカです。ここオーストラリアでは非常にポピュラーな野菜です。手製のコンポストと言っても4Lのアイスクリームの空きケースに生ゴミと土を入れただけのものですが、そこで芽が出たのを救い出して庭で育てていました。それが結構しっかりと成長してついに花が咲いたのです。すでにカプシカムの実をほうふつさせる形が見えています。果たして食べられるまで育ってくれるでしょうか?ちょっと楽しみです。