『「移民流入」日本4位に』は本当か?

5月30日付けの西日本新聞の記事より。
「移民流入」日本4位に 15年39万人、5年で12万人増
2018年05月30日06時00分 (更新 05月30日 11時21分)

 人口減と少子高齢化による人手不足を背景に、日本で働く外国人が増え続ける中、経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国の最新(2015年)の外国人移住者統計で、日本への流入者は前年比約5万5千人増の約39万人となり、前年の5位から韓国を抜いて4位に上昇した。OECDの国際移住データベースから判明。日本が事実上の「移民大国」であることが浮き彫りになった。日本語教育の推進など定住外国人の支援策が急がれる。


割とセンセーショナルな見出しの記事ですが、私が最初にこれを見たときにすごく違和感がありました。何故かというと、今の日本が移民大国のカナダとオーストラリア(豪州)を差し置いて上位に立つことがあるんだろうか?という疑問があったからです。記事の論調は、「日本は移民大国になったのだから定住外国人の支援策の充実が必要」というものです。これをサポートするデータが果たして本当なのかどうか調べてみることにしました。
“『「移民流入」日本4位に』は本当か?” の続きを読む