ThinkPad USB トラックポイントキーボードその後

ちょっと前に紹介したThinkPad USB トラックポイントキーボードですが、使ってみての感想を少し書いてみます。

大きくなったEscキー


*左が「ThinkPad USB トラックポイントキーボード」、右が「ThinkPad T42の英語配列キーボード」
これは確かにF1キーを間違って押してしまうことは無いのでいいかもしれません。でも、縦に長いキーにする必要は無いと思います。ファンクションキーを右の方に移動してEscキーの場所が作れたのならファンクションキーと同じ大きさのキートップで充分だと思いました。

大きくなったDeleteキー


*左が「ThinkPad USB トラックポイントキーボード」、右が「ThinkPad T42の英語配列キーボード」
こちらは使用頻度の少ないPrtSc/ScrLk/Pauseキーを左の方に移動して空いた場所にInsertキーを配置し、Deleteキーを縦に大きくしています。
これは最初、使ってみる前まではいいかもと思っていたのですが実際に使ってみるとあまり使い心地は良くありません。特に私の場合はコピペでCtrl+Insert(コピー)、Shift+Insert(ペースト)、Shift+Delete(カット)という使い方をよくするのでかなり違和感があります。要するにあまり使わないという評価で左に押しやられたInsertキーを私はよく使うのです。左手でCtrl/Shift/Altキーを、右手でInsert/Delete/Home/End/PgUp/PgDnキーとカーソルキーをそれぞれ組み合わせて編集作業するのに慣れているのがかなり台無しです。
ついでに書くと、AltキーとCtrlキーの間にあるWindowsキーはやはりかなり邪魔ですね。

LEDのインジケーターが付いたCaps Lockキー



最後に、ほとんど積極的に使うことが無く、しばしば知らず知らずのうちに押してしまっていて時としてイライラさせられるCaps LockキーにLEDのインジケーターが付いたことは評価してもいいかなと思います。ほんの少しだけイライラが減ったような気がします。

やはり剛性が足りない


前のエントリーでも書きましたが全体として剛性がやはり足りません。特にチルトスタンドを立てた時のやわさ加減は相当残念なレベルです。キーボードの裏に全体をカバーする大きさの金属板を一枚入れるだけで全然違うはずなんですがコスト優先なのでしょうね。実際、私がこれを買ったのは安さに惹かれてだったのであまり強いことは言えた話じゃないんですけどね。

ThinkPad USB トラックポイントキーボード(英語) 55Y9003


赤いポッチのトラックポイントが付いたThinkPadのキーボードが単品のUSBキーボードになった製品です。安く出てるよと友人のFFUさんに誘われて買っておいてもらったものが先日ようやく手元に届いたのです。
今使っているノートPCがThinkPad T42で、トラックポイントとタッチパッドの両方付いているキーボードなのですが、トラックポイント好き&タッチパッド嫌いの私はBIOSでタッチパッドを殺して使っています。
今回のこのキーボードはタッチパッド無しのトラックポイントのみなのでものすごく物欲をそそられました。
キー配列は日本語版も売ってますが、私は英語配列を選択。EscキーとDeleteキーが大きくなった新配列ですが、唯一残念なのがとうとうWindowsキーが追加されています。カーソルキー周りのページを進んだり戻ったりのキーも邪魔ですがこの辺はもう仕方ないのかなぁ。

キーピッチは従来どおりの19mmピッチで、その昔ThinkPad220のキーをガシガシ打っていたのを考えると私にとっては若干広めなんですがT42で慣れてしまったので違和感はありません。
重さは見た目よりも軽い!軽いこと自体はいいのですが、ちと剛性が足りない感じがします。チルト用の足を立ててパームレストにどっしりと手を乗せると何となくたわみます。打鍵でも沈み込む感じ。でも実装されているキーボードよりはキーユニットの支え方法に制約が少ないせいかノート(T42)と比べると全然いい感じですね。

早速、Windows XPなデスクトップPCにつないでみましたがPCがDell(SC420)のせいか付属のドライバCDのインストーラーは動かず。コンパネ→キーボード→ドライバの更新でCDを読み込ませるとドライバを組み込んでくれました。でも今まで使っていたキーボードが日本語配列だったのでリブートしてみても日本語配列のまま。レジストリを以下のようにいじって英語配列に変更する必要がありました。

  1. [HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters] へ移動
  2. [LayerDriver JPN]の値を[kbd106.dll]から[kbd101.dll]へ変更
  3. [OverrideKeyboardIdentifier]の値を[PCAT_106KEY]から[PCAT_101KEY]へ変更
  4. [OverrideKeyboardSubtype]の値を[2] から[0]へ変更

Amazon
レノボ・ジャパン ThinkPad USB トラックポイントキーボード(英語) 55Y9003
レノボ・ジャパン ThinkPad USB トラックポイントキーボード(日本語) 55Y9024

Lenovo通販
ThinkPad USB トラックポイントキーボード(英語)
ThinkPad USB トラックポイントキーボード(日本語)

DNRH-001のLANポート

DNRH-001にはLANポートが二つあります。
ルーターとか作るのに便利なのですがどのポートがどのデバイスに割り当てられるのかはやってみないと分からないのでFreeBSD 8.0-Releaseでやってみた結果をここにメモします。

LAN1 = vr1
LAN2 = vr0

dmesgの結果

vr0: <VIA VT6105 Rhine III 10/100BaseTX> port 0xd000-0xd0ff mem 0xe6400000-0xe64000ff irq 10 at device 15.0 on pci0
vr1: <VIA VT6102 Rhine II 10/100BaseTX> port 0xe400-0xe4ff mem 0xe6402000-0xe64020ff irq 11 at device 18.0 on pci0

DNRH-001の内蔵UPSをFreeBSDで使う

はじめに

一時期安値で放出されたUPS内蔵ファンレスPCのDNRH-001が何故か手元にあります。2年ほど前に友人のONSさんが静かなPCだけど電源から変な音がするのが気になるし、もう使わないので誰かいる?と仲間内に放出されたのを私が手を挙げてゲットした物なのです。前回日本に一時帰国した際にこちらに持ち帰って非力なWindowsマシンとして使っていました。最初のうちは内蔵UPSが機能していましたがそのうちに動作が怪しくなり、さらにGUIで使うには遅いPCなので使う機会が減りついにお蔵入りになってました。最近になってFreeBSD 8.0-RELEASEで使ってみようとふと思い、どうせなら内蔵UPSもきちんと使えるようにしようと色々手を入れることにしました。これはその時の自分用の備忘録です。

電源の異音対策

まず、変な音は電源部の二次側にあるトロイダルコアに線を巻いたトランスから発生していました。巻線が磁界で振動して鳴いています。トランスを取り外して線を巻きなおし、エポキシ系の接着剤で巻線を固めて取り付け直してほぼ鳴き止みました。これ以上は真空チャンバで脱泡して固めればいいのですがまあそこまでは無理ですね。

放熱対策

次に、ファンレスPCということなので静かでいいのですが、やはり熱が相当こもります。CPUに大きなヒートシンクが付いていますがmake worldを始めるとかなり熱くなります。それ以上にチップセットのヒートシンクも熱くなります。筐体内で空気が淀むのでHDDも相当熱を持ちます。さすがにこれで24時間稼動は無理なので熱対策をします。ネットで色々調べてみましたが、結論は静音ファンを1個追加して軽く空冷し、3.5インチのHDDを2.5インチのに載せ替えて消費電力を若干下げて対応することにしました。HDDの3.5-2.5変換の基板は「これ」を購入しました。送料無料の通販で$1.59なり。熱対策で電源部に小口径のファンを入れている例もみかけましたが電源部はケースに放熱する構造なので筐体内に若干でも空気が流れていればOKレベルだろうということでCPUとチップセットの近くにファンを1個だけで済ませました。
ファンは近所の店で「Cooler Master Case Fan R4-SPS-20AK-GP」を購入。CPUとチップセットとメモリに風が良く当たる位置で筐体側にネジ4個で取り付けます。筐体には元々パンチングメタル状に穴が開いていますが穴が小さくてあまり効率が良くありません。ドリルで穴を広げて風がよく抜けるようにしました。風の向きは外気吸入です。このファンは薄型大口径でかなり筐体が華奢です。取り付けの時にネジをきつく締めるとネジの回転で筐体が少したわみ、回転するファンの羽根がファンのケースに当たるのでネジ締めの加減が難しいです。
このファンは風切り音はほとんどしませんが効果は絶大でした。これで指で触れないくらいに熱くなっていたチップセットのヒートシンクも問題ないレベルまで温度が下がりました。HDD周りも2.5インチ採用で隙間が出来、空気が流れているので大丈夫そうです。

内蔵UPSの電池交換

お次は内蔵UPS周り。内蔵UPSの電池は単三型のニッケル水素電池を10本パックにしてヒューズが入った金属ケースに入っていました。電池を外して電圧チェックしてみましたが完全に駄目になっていました。最初は単三のエネループを電池ボックスに入れて使おうかと思いましたが適当な10本用の電池ボックスが見つからず、代わりに電池10本をパックしてリード線を出したタイプのものを見つけたのでそれを使うことにしました。(電池単体の仕様書はこちら→PDF)
この電池パックは元の金属ケースには入らない形状なので手持ちのガラエポのユニバーサル基板を適当に切って取り付け台にし、テープとタイラップで電池を固定して押し込みました。ヒューズは元から付いていたのをそのまま流用。

充電特性

この状態で早速データ取りです。BIOS画面にしたままでまずは電池を充電しながら端子電圧を見ていきます。10本直列なので1本当たりの電圧は計算が簡単ですね。青色のデータは諸般の事情で測定時間が飛んでたり、充電が途中で休止したりのデータですが、1回目の充電のデータです。この内蔵UPSの充電回路の開放電圧は約16Vで、実際の充電電流は測定していませんが、電池の仕様では0.1C(10時間充電)で充電終止電圧が1.48Vくらいなので、測定値から見るとほぼ20時間率のトリクル充電を行っているようです。赤色のデータは2回目の充電で、こちらはほぼ連続したデータが取れています。いづれも同じような素直な充電特性です。

放電特性

放電特性は電圧だけでなくシリアル(COM2)のDCDとDSRの動作を合わせて確認。AC電源断から数秒でDCDがLからHに変化します。これでACラインが切れたことが検出できます。電池の放電が進み電圧が10.5Vを切ると今度はDSRがLからHに変化します(バッテリLow)。そしてその後1分しないうちにPCはハング(BIOS画面で時計表示が止まる)しました。これでバッテリを使い切る直前にシャットダウンするのはかなり危険というかほぼ無理でしょう。UPSの動作として利用できるのはAC断のDCDだけと思った方がよさそうです。
肝心の電池の持ち時間ですがBIOS画面で約45分で落ちましたから、負荷がかかっている場合を考えても20分くらいはいけそうです。2200mAhの電池で45分ということは大体30~40Wの消費電力に相当ですからまあ妥当な線でしょう。

UPS制御ソフト

これで内蔵UPSの使い方と限界が分かったので、最後にFreeBSDで使う方法(ソフト)です。まずAC通電時に手動で shutdown -p now の動作確認。すると一旦は電源が切れるのですが、その後すぐに勝手に電源が入ってしまいます。結局ACPIを無効にしてAPMを有効にすることで電源を切れるようになりました。以下がそのための方法の詳細。

/boot/loader.conf に下記を追記。

apm_load="YES"

/boot/device.hints に下記のように編集

hint.acpi.0.disabled="1" ←追記
#hint.apm.0.disabled="1" ←コメントアウト
hint.apm.0.disabled="0" ←追記
hint.apm.0.flags="0x20"

/etc/rc.conf に下記を追記

apm_enable="YES"

COM2を監視しつつshutdownする動作のソフトをネットで色々探してみたら「FreeBSD対応フリーソフトウェア」を見つけました。これはCTSがAC断、DCDがバッテリLowとして動作しているのでソースをいじってそれぞれDCDとDSRに書き換え。他に”shutdown -h now”の記述を”shutdown -p now”に書き換えたりMakefileを修正したりでDNRH-001に対応できるようになりました。AC断からシャットダウンまでの時間はとりあえずデフォルトの5分(300秒)のままにしています。ソース修正後、make; make install; でコンパイル&インストール。そして、 /etc/devfs.conf に下記の設定を追加します。

link cuau1 usv

注) 手動で “ln -sf /dev/cuau1 /dev/usv” とシンボリックリンクを張ってもFreeBSD 8.0-RELEASEでは再起動すると設定が消えてしまうので上記の方法で設定する必要がありました。

これでFreeBSDを再起動すると /usr/local/etc/rc.d/usvd.sh で /sbin/usvd と /sbin/usv_back が起動します。動作は以下のとおり確認できました。

  • ACの状態を10秒毎に監視
  • ACが切れて5分後に自動的にシャットダウンして電源オフ。
  • 5分以内にACが復活したらそのまま動作継続。
  • シャットダウン中にACが復活したらリブートして復帰。
  • シャットダウン完了までにACが復活しなければそのまま電源オフ。
  • ACが復活したら起動。

付録

FreeBSD対応フリーソフトウェア(簡易シャットダウンソフト)DNRH-001対応版
※このソフトの著作権は、(株)ユタカ電機製作所にあります。

プロバイダ変更

プロバイダを変更しました。と言っても替えたのはこちらのではなく日本の友人宅に置いてあるサーバーの接続プロバイダです。
そのサーバーは友人宅に来ている光回線(Bフレッツ)のセッションを一つ使わせてもらって今まではアサヒネットで接続していました。アサヒネットはデフォルトで固定IPアドレスを割り当ててくれていたのでサーバーを運用するのに結構安くて便利だったのです。ところが去年からだったか固定IPアドレスに対して別料金を設定するようになってしまいました。それでも固定IPアドレスが使えるプロバイダとして安かったのでズルズルと使い続けていたのですが先日友人のFさんからライブドアの接続サービスが固定IPアドレスでも値段が変わらず安いよということを聞いたのです。
アサヒネットが光回線への接続料が月1,000円プラス固定IPアドレスが800円で税込み1,890円に対してライブドアは年払いで税込み14,000円の実質月あたり1,200円未満でかなりお得。
サーバーをインターネットに接続だけできれば他は何もいらないのでこれで充分です。
聞いてからさっそくオンラインで申し込み。すぐにPPPoEの接続情報と割り当てられた固定IPアドレスが手元に届きました。
サーバーの設定ですが、リモートでプロバイダの切り替え作業をするのはちょっと恐かったので一定時間過ぎると元の設定に戻し鯖をリブートするという仕込みをcrontabで入れておいて安全策として切り替えを敢行しました。
結果はすんなり新しい接続設定で接続できました。ただし、その後のDNSの設定でなかなか変更内容が浸透しないとかありましたがそれも今ではほぼ落ち着きました。
変更の作業内容としてはPPPoEの設定ファイル(/etc/ppp/ppp.conf)とDNSの設定ファイル(/etc/namedb/named.conf と各ゾーンファイル)の変更。DNSのホスト登録のIPアドレスも最近バーゲンしていて移管したばかりのお名前.comの管理パネルから変更。スレーブDNSをお願いしているHさんに設定変更のお願いメールを出して完了。
その後でアサヒネットの方は解約申し込みました。15日以前だったら同月末解約できたみたいですが来月末解約になりました。これはちょっと残念でしたが仕方ありませんね。