年代別テレビ・インターネットの1日平均利用時間

ドメイン名のセールス活動

今回はドメイン名の四方山話です。だらだらと書きます。
米国のGoDaddyというドメイン名登録会社が最近日本語のメールを送ってくるようになりました。例えばこんな感じのメールです。
“ドメイン名のセールス活動” の続きを読む

続々 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?


こちらのエントリーも、ぜひ合わせてご覧ください。


さて、これまでの一連のエントリーで出てきた刑法犯検挙率というのは一体どういう意味があって、どういう状況でなら使うといい数値なのでしょうか。

 これまでのエントリー
日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く
在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?
続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

刑法犯検挙率というのは、「ある特定のグループ内で刑法犯で検挙された人数の割合」ということでこれまで説明してきました。

つまり、在日韓国人というグループ内で刑法犯で検挙されたのは何パーセントか、在日中国人というグループ内で刑法犯で検挙されたのは何パーセントか、ということです。

“続々 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?” の続きを読む

続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?


こちらのエントリーも、ぜひ合わせてご覧ください。


先のエントリーで在日韓国・朝鮮人の刑法犯検挙率が高いことが分りましたが、ここでデータをもう少し掘り下げてみましょう。

この表は先のエントリの表に在日外国人から韓国・朝鮮人を除いて計算した数値と意外に低いと指摘した中国の数値を追加したものです。これは、韓国・朝鮮人の数値の影響が大きくて全体の数値が底上げされてしまっているように見えたので、そこが分るようにしてみたかったからです。 “続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?” の続きを読む

在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?


こちらのエントリーも、ぜひ合わせてご覧ください。


先のエントリーで外国人の刑法犯検挙人数という切り口で外国人の犯罪傾向を調べてみましたが、これはあくまでも人数という絶対値であり、次に来る疑問は日本人と比較して多いのか少ないのかという点だと思います。つまり率としてどうなんだと。また、「外国人による犯罪は多い」という論調も良く見かけます。そこで、これが本当に言えることなのかどうかを調べてみました。 “在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?” の続きを読む