続・年代別テレビ・インターネットの1日平均利用時間

なんとなく続きます。

各年代ごとの一人当たりのテレビやネットの平均利用時間を見てきた訳ですが、これが日本全体の中でそれぞれの世代がどれくらい寄与しているのかが興味ありますね。いわゆる年代別世論に対するテレビとインターネットの影響力度合いみたいなものです。 “続・年代別テレビ・インターネットの1日平均利用時間” の続きを読む

年代別テレビ・インターネットの1日平均利用時間

ドメイン名のセールス活動

今回はドメイン名の四方山話です。だらだらと書きます。
米国のGoDaddyというドメイン名登録会社が最近日本語のメールを送ってくるようになりました。例えばこんな感じのメールです。
“ドメイン名のセールス活動” の続きを読む

続々 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

さて、これまでの一連のエントリーで出てきた刑法犯検挙率というのは一体どういう意味があって、どういう状況でなら使うといい数値なのでしょうか。

 これまでのエントリー
日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く
在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?
続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

刑法犯検挙率というのは、「ある特定のグループ内で刑法犯で検挙された人数の割合」ということでこれまで説明してきました。

つまり、在日韓国人というグループ内で刑法犯で検挙されたのは何パーセントか、在日中国人というグループ内で刑法犯で検挙されたのは何パーセントか、ということです。

“続々 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?” の続きを読む

続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

先のエントリーで在日韓国・朝鮮人の刑法犯検挙率が高いことが分りましたが、ここでデータをもう少し掘り下げてみましょう。

この表は先のエントリの表に在日外国人から韓国・朝鮮人を除いて計算した数値と意外に低いと指摘した中国の数値を追加したものです。これは、韓国・朝鮮人の数値の影響が大きくて全体の数値が底上げされてしまっているように見えたので、そこが分るようにしてみたかったからです。 “続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?” の続きを読む

在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

先のエントリーで外国人の刑法犯検挙人数という切り口で外国人の犯罪傾向を調べてみましたが、これはあくまでも人数という絶対値であり、次に来る疑問は日本人と比較して多いのか少ないのかという点だと思います。つまり率としてどうなんだと。また、「外国人による犯罪は多い」という論調も良く見かけます。そこで、これが本当に言えることなのかどうかを調べてみました。 “在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?” の続きを読む

日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く

「平成26,27年の犯罪情勢」(PDFですので注意)
https://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h26-27hanzaizyousei.pdf

という資料が警察庁(https://www.npa.go.jp/)のサイトに公開されています。公開されていると言ってもサイトからここに辿りつくのは結構大変です。私はグーグルさんに導かれて見つけました。そして、そのデータの中身を見ると、微妙な表現があることが分ります。 “日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く” の続きを読む

デビットカードの罠

豪州での支払い方

クレジットカードと同じ様に使えるデビットカード。カードを使う時に口座にお金が入っている必要がありますが、クレジットカードのように手に入れるのに事前審査とか不必要で年会費も無しなので、とりあえず持っていれば困ることはないということで私も持っています。
豪州では普段の買い物の現金以外の支払い方法はEFTPOSという仕組みで銀行預金からカードで直接払ったり、公共サービスの支払いなどはBPAYという支払い専用口座への振込みのような方法とか、結構支払い方法が充実していてどうしてもクレジットカードが必要なケースは実はあまり多くはありません。

EFTPOSは1,000ドルを超える支払いには使えないのでとか、オンラインショッピングでクレジットカードしか選択肢が無い時とかにクレジットカードの出番になります。また、EFTPOSだと手数料取られないのにクレジットカード払いだと数パーセントの手数料を取られるケースも多いので、ポイントが貯まるというのは無視するとして、最終的にある程度の高額の買い物やクレジットカード払いで手数料を取られない場合に初めてクレジットで払うことになります。

先日、こんなことがありました。 “デビットカードの罠” の続きを読む