DNRH-001のその後


DNRH-001

昨年、仕立てたDNRH-001サーバーが実家の屋根裏で稼働してからほぼ1年経ちました。当初メモリを512MBと少な目だったので増設も兼ねて箱を開けてみました。

DNRH-001 DNRH-001 DNRH-001 DNRH-001

郊外の住宅地の屋根裏でホコリが少なかったのでしょう、ファンにこびりついているホコリはほとんどありませんでした。吸出しにしたこともありますが、ヒートシンクに積もったホコリも微少です。これだったらサーバーが壊れるまで掃除しなくても大丈夫でしょう。もっとも、ハードウェアの耐用年数はとっくに来ているはずの製品ですけど。

メモリスロットは1個だけなので512MBのを外して1GBのに交換です。メモリ交換後にmakeworldしてみましたが、変更前後で処理時間に目立った変化はありませんでしたし。もともとCPUが貧弱なのでメモリもこれ以上増やしてもあまり意味はないでしょう。まあ、気休めですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です