カテゴリー
料理

カステラ


今日のお菓子はカステラ。嫁さんではなく私の作です。
レシピはネットで色々調べて焼き型の容積とこちらの卵サイズに合わせて適当にアレンジ。

  • 卵 S 6個 (使う前に室温でしばらく放置)
  • 砂糖 180グラム
  • 小麦粉(強力粉) 120グラム
  • はちみつ 大さじ3杯
  • 牛乳 30グラム

卵と砂糖をミキサーで10分くらい泡立ててから、はちみつと牛乳を少し温めてよく溶かしたものを入れて1~2分さらに泡立て、小麦粉を加えてさらに2~3分かき混ぜます。(小麦粉は大抵のレシピが強力粉なのですが、切らしていたので普通の小麦粉にブレッドインプルーバーを小さじ1杯混ぜて使いました。これってイースト使わないからあまり関係ないのかも。後で調べたら普通の小麦粉で作ってる人もいるし、こちらの方がかえってふんわりできるみたい。)

型に流し込んで、180度のオーブン中段に入れ、1分たったら表面の泡をつぶし、これを2,3回繰り返し8~10分焼きます。下段に移して160度に下げ、45分から60分様子を見ながら焼きます。

表面を押してタプタプ感が無くなったらOKみたい。今回は初めてだったので念のため竹串を刺して具合を見ました。

オーブンから出して平らなところに広げたラップにひっくり返して型から抜いて置きます。10分くらい放置して荒熱を取ってからそのままラップに包んで1日置くといい感じになります。焼き上がってから半日くらいで端っこを食べてみましたが、しっとり感がまだ少ない感じでした。

型は新聞紙を折って作る方法が色々なサイトが紹介されていたのですが、手元にある新聞紙(SUN)のサイズがタブロイド版(全紙の半分)でそのままでは具合が悪いので、色々探して以下のサイトの方法をちょっとアレンジしました。
リンク先では全紙2枚を4つ折りですが、タブロイド版2枚を二つ折りしたのを二組互いに重ねて作りました。また、クッキングペーパーを最初から重ねて折ってますが、私は新聞紙だけで箱を作り、内側にクッキングペーパーを箱の形に折って入れました。焼き上がりをひっくり返して出すときにやりやすいからです。
出来上がった箱は内法で約14cm x 約20cm で深さ約8cmになりました。
カステラ焼き型の作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です