船便到着


船便
友人に頼んで8月初旬に日本から送ってもらった船便が今日届きました。
国際小包の船便はオンラインで荷物のトラッキングができないという触れ込みだったのですが、伝票番号を「EMS個別番号検索」で検索するとちゃんとトラッキングできることが分かりました。さすがに荷物を積んだ船がどの辺りにいるかは分かりませんがそれでもかなり役に立ちますね。

8月5日13:57 引受
8月6日17:08 神戸支店到着
8月7日10:41 神戸支店発送

9月9日9:11 SYDNEY AUSTRALIA到着
9月9日9:11 通関検査待ち
9月9日9:20 国際交換支店/局から発送
9月11日5:42 GCメールセンター
9月11日8:15 受け取り

船便は船の都合で2,3ヶ月かかることもあると言われていますが今回はほぼ1ヶ月で届きました。POST OFFICE留めで受け取りました。
荷物自体は特に開封された形跡もなく、箱にこれといったダメージもなく良好でした。荷造りに慣れている友人に頼んだのも功を奏したと思います。船便は輸送に時間がかかる以外はコストパフォーマンスが高いですね。

で、小包の中身はパソコンです。一部の人の間で人気のあるHPの格安サーバー機(ML115 G5)です。NTT-X Storeで送料込み13,750円で購入。船便の費用が14キロ弱で8,150円。合計21,900円也でした。
HP ML115 G5

電源仕様もちゃんとこちらの240Vでそのまま使えます。あと、面白いのは「MADE IN TOKYO」というラベルが貼ってあってわざわざ日本製だということを強調してますね。部品はほとんど海外調達で組み立てを日本でしているだけなのでしょうが、ほんの少しだけ信頼感が増すような気がしますね。
電源240V仕様 MADE IN TOKYO

動作確認を色々してからクアッドコアなCPUに換えたりメモリを増やしたりしてVMware ESXiで遊んでみようかと思っています。そうそう、起動時のファンの音が爆音なのでケースファンだけは静音タイプのファンに早速交換しました。CPUファンも結構起動時はうるさいのでそのうち換えることになるでしょう。

「船便到着」への2件のフィードバック

  1. NECとかでも安いのが出てますね。
    NTT-X Storeのサイトとか、私もちらちら見ていたりします。
    ところで単純な疑問。送料分を考えても、そちらの現地で買うと同等機は高くつくのでしょうか?

  2. お久しぶりです。
    大雑把に言ってこちらの値段はパソコンだと3割から5割り増し、部品は5割から10割増しくらいの値段ですね。
    今回は本体の価格に対して送料の占める割合が比較的大きいので微妙なところですがそれでも日本から送った方が安いと思います。まあ、船便でパソコンを送ったらどうなるかというのにも興味がありました。
    梱包箱は元の梱包だとサイズが限度を超えるので厚み方向に寸法をギリギリサイズに縮めて送っています。国際郵便小包で大きさ的にはこれが限度でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です