カテゴリー
オーストラリア

E toll


今日、「E toll」のTAGが郵便で届きました。
E toll

「E toll」というのは日本のETCみたいなもので有料道路などの通行料金を料金所無しに徴収するシステムでTAGを持っているとtoll laneで読み取られてピッと音がしてあらかじめ前払いしておいた金額から引き落とされるという仕組みです。これを持っていないと車のナンバープレートを撮影してそのナンバーから後日徴収されることになります。TAGを持っていると少し料金が安くなるのとTAG自体は無料なので先日申し込んでおいたのが今日届いたのです。

E toll

早速、車に取り付けましたがこの辺の高速道路はほとんど無料です。このE tollはオーストラリア全国で同じTAGが使えるみたいです。多分私が使うとするとブリスベンの”the Gateway Bridge”を通る時だけでしょう。プリペイのチャージも最低の25ドルだけにしておきました。実際の運用開始は7月になってからなのでTAGを取り付けただけで終わってしまいました。

「E toll」への4件の返信

お久しぶりです。
昔、そちらの道を走った時に、料金所で”らっぱ”みないな投入口にお金を放り込んで払った記憶があります。今でも”らっぱ”はあるのでしょうか。

ご無沙汰しています。
最近は日本からの飛行機は大抵ゴールドコースト空港着のジェットスターなので私はあまり料金所のある道は通らないのですよ。
ブリスベンのシティ方面に行くときは通らないし。最後に通ったのは去年ですね。その時は確か”らっぱ”がありました。小銭が無かったので係員のいるレーンを通りましたけど。

はじめまして。突然のコメント申し訳ございません。
先日、ゴールドコーストーブリスベンでレンタカーを借り、上記のゲイトウェイブリッジを通過しました。以前は現金のレーンがあったと思うのですが、すべてのレーンが日本のETCのように変わっていたと思うのです。
2.95AU$を握りしめていたのですが、料金所がありません。
goviaのサイト
https://www.govia.com.au
から「bay a pass」→「online」→「sign up &go」と進み、手続きをしたのですが、 これで良いのかわかりません。
しかも8月11日にゴールドコーストーブリスベンにも通過したのですが、
昔はブリスベンーゴールドコースとが有料でゴールドコーストーブリスベンでブリッジを通過したのは無料と思っていたのですが間違っていますでしょうか。
もし差し支えなければ教えて頂ければ嬉しく思います。
よろしくお願いします。

返事が遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
昔の記憶は定かではありませんが両方向とも有料だったと思います。サンフランシスコに行った時に片方向だけ有料の橋があったのはおぼろながら覚えています。
その手続きをすれば3日前まで遡って適用されるように書いてありますので多分いいと思いますがそういう手続きが面倒そうだと思ったのでTAGを私は申し込みました。実際はほとんど通過する機会が無くて今現在まだ使っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です