「gadget」カテゴリーアーカイブ

赤いMVPen

先月手に入れたMVPenですが、赤いMVPenが発売されるみたいです。別に赤いのはどうでもよいのですが値段がえらい安くなっています。(白いのもありますね。)12,600円が9,980円です。うーん、ちょっと手を出すのを早まってしまったかな。それから、PC接続タイプのMVP-PCというのもこれから発売されるようです。これは受信ユニットにメモリが搭載されていなくて、直接PCにデータを送る仕組みのようです。つまり使うときにはPCが必ず必要だということですね。今までの単独型(というのかな)MVPenと比べて6,980円と安くていいんだけど機動性が悪くなるので用途が限られるかな。私はパソコンの無い場所でメモを残せるのが魅力でMVPenを買ったのでPC接続タイプは安くても悔しくないです。ともかく、こっちにいると日本から物を買うのもタイミングが重要だったりするのでよしとしましょう。
.

MVPen

ちょっと変わったガジェットを手に入れました。MVPenという製品で手書きのメモがそのまま画像データとして取り込めるという物です。筆記具は専用のボールペンで普通の紙に絵や文字を書きます。紙のそばに置いたユニットがペン先が紙に触れているか離れているかの状態とペン先の位置を超音波と赤外線で検出しユニット内のメモリで記憶します。そしてNote TakerというソフトでUSBを経由して画像データとしてパソコンに取り込むという流れです。パソコン上では画像を付属のOCRソフト(My Script Notes Lite)で文字に変換することもできます。専用のボールペンはボタン電池(SR41)2個が必要です。受信ユニットの方は充電池内蔵でUSB経由で充電します。裏が紙クリップのようになっていてノートやレポート用紙に挟んで固定して使います。

専用のボールペンはボタン電池(SR41)2個が必要です。受信ユニットの方は充電池内蔵でUSB経由で充電します。裏が紙クリップのようになっていてノートやレポート用紙に挟んで固定して使います。専用のボールペンはボタン電池(SR41)2個が必要です。受信ユニットの方は充電池内蔵でUSB経由で充電します。裏が紙クリップのようになっていてノートやレポート用紙に挟んで固定して使います。

絵を正確に描く目的にはちょっと適さないですがちょっとしたメモ書きをパソコンに取り込む目的には便利かもしれません。一番の利点はパソコンの無い場所でベンと受信ユニットがあれば紙に書いた情報を取り込めるので出先で気軽にメモすることができます。極端な話、紙が無くても机の上に置いた受信ユニットの前でペンを動かせば記録できるので場所を選びません。

この受信ユニットをUSBケーブルで接続している状態で専用ペンとペンに内蔵されているボタンを使ってマウスのように使うこともできます。空中でのペンの動きがマウスカーソルの動きになり、ペンのボタンがマウスのクリックになります。確かにマウスとして使うことはできますが、手の動きでポインターの位置がかなり敏感に動くのでカーソルを動かさずにクリックするのはかなり難しいです。実用性は無いと思います。


.