「日本」カテゴリーアーカイブ

続々 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

さて、これまでの一連のエントリーで出てきた刑法犯検挙率というのは一体どういう意味があって、どういう状況でなら使うといい数値なのでしょうか。

 これまでのエントリー
日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く
在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?
続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

刑法犯検挙率というのは、「ある特定のグループ内で刑法犯で検挙された人数の割合」ということでこれまで説明してきました。

つまり、在日韓国人というグループ内で刑法犯で検挙されたのは何パーセントか、在日中国人というグループ内で刑法犯で検挙されたのは何パーセントか、ということです。

続きを読む 続々 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

先のエントリーで在日韓国・朝鮮人の刑法犯検挙率が高いことが分りましたが、ここでデータをもう少し掘り下げてみましょう。

この表は先のエントリの表に在日外国人から韓国・朝鮮人を除いて計算した数値と意外に低いと指摘した中国の数値を追加したものです。これは、韓国・朝鮮人の数値の影響が大きくて全体の数値が底上げされてしまっているように見えたので、そこが分るようにしてみたかったからです。 続きを読む 続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

先のエントリーで外国人の刑法犯検挙人数という切り口で外国人の犯罪傾向を調べてみましたが、これはあくまでも人数という絶対値であり、次に来る疑問は日本人と比較して多いのか少ないのかという点だと思います。つまり率としてどうなんだと。また、「外国人による犯罪は多い」という論調も良く見かけます。そこで、これが本当に言えることなのかどうかを調べてみました。 続きを読む 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?

日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く

「平成26,27年の犯罪情勢」(PDFですので注意)
https://www.npa.go.jp/toukei/seianki/h26-27hanzaizyousei.pdf

という資料が警察庁(https://www.npa.go.jp/)のサイトに公開されています。公開されていると言ってもサイトからここに辿りつくのは結構大変です。私はグーグルさんに導かれて見つけました。そして、そのデータの中身を見ると、微妙な表現があることが分ります。 続きを読む 日本における外国人犯罪数の傾向を紐解く

在外選挙

本日、更新したパスポートをブリスベンの領事館に受け取りに行ったついでに今回の参議院議員選挙の在外投票をしてきました。というよりも、パスポートはすでに5月末には出来てたので、投票日に合わせてパスポートを受け取りに行ったというのが本当のところです。 続きを読む 在外選挙

JAPAN RAIL PASS

JAPAN RAIL PASSとは

P1080746

外国の人が日本国内を旅行する時に便利な切符としてJAPAN RAIL PASSというJRの商品があります。これはざっくり言うと、一定の期間日本国内のJR鉄道バス船などが載り放題という非常にお得な切符です。期間は7日間14日間21日間の3種類でグリーン車普通車の種別の全部で6種類です。例外事項などもあるので詳しくはジャパンレールパスのサイトを見て確認してください。 続きを読む JAPAN RAIL PASS

軍艦島に行って来た

先日、Googleのストリートビューで軍艦島が見ることができるようになったというニュースを読んで、昨年12月に軍艦島に行って来た時のエントリーを書いてみようと思いました。

2012年12月6日、家族で来ていた長崎観光の2日目の朝にオランダ坂近辺を散策していたら携帯が鳴りました。「本日の軍艦島ツアーは波が高いため中止になりました。」 午前中の便を予約していた軍艦島ツアー会社からの連絡でした。その会社の午後の便は団体客で満員ということで明日の便に変更をしてもらい一旦電話を切りました。「でもひょっとしたら他の会社なら船が出るかも?」と急遽別の軍艦島ツアーの会社に電話してみました。そうしたら船が出るそうです。早速その場で予約入れて元のツアーはキャンセルさせてもらいました。後で聞いてみるとその日に船が出たのは急遽電話したその1社だけだったようです。

続きを読む 軍艦島に行って来た

東京都尖閣諸島寄附金 受付終了

昨年の9月11日に尖閣諸島が国有化された後もこの寄付金の受付は継続されていましたが、ついに先月1月31日をもって東京都による尖閣諸島寄付金の受付が終了されました。

件数 103,602件、総額 1,485,201,967円という結果になりました。

東京都尖閣諸島ホームページ

東京都尖閣諸島寄付金 受付状況

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 受付終了

国有化された9月11日以降はほとんど金額の伸びが無いように見えますが、それでも受付終了までに1千2百万円強の寄付がありました。駆け込みの寄付が約4百万円もあったのですね。

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 国有化以降の推移

今後はこの集まった寄付金の行方について有効利用されるように見守りたいと思います。

 

在外選挙

在外選挙制度による在外選挙人証を2年ほど前に入手していたのですが、昨年12月にあった衆議院総選挙でたまたま日本に帰国中でちょっと変則的な投票をすることになりました。

在外選挙人証(表)

在外選挙人証はこんな感じです。海外に居る場合は選挙の前にこの選挙人証を使って投票用紙を取り寄せて郵送で投票するか、選挙期間中に在外公館で投票を行います。今回はこれらには当たらず、選挙人証に記載されている選挙区の投票所で投票します。私の場合投票日に投票できるかどうか予定が不確定だったのでさらに期日前投票で投票しました。

P1100252

12月8日、投票場に指定されている近場の出張所に嫁はんと一緒に出掛けます。そこで期日前投票のための書類を受け取り係の人に在外投票人証の場合の書き方を質問したところ、こんなケースは初めてだったらしく係の人は「ちょっとお待ちください」と言ってどこかに電話をかけ始めました。結局、ここでは投票はできないそうで、区役所でできるということでそちらの方へ移動。

神戸北区役所

ということでやってきました、神戸北区役所。

P1100255

ここでも係の人に聞いてみたら奥から出てきた別の係の人に選挙人名簿の確認から小選挙区と比例代表の両方の投票用紙交付まで完全エスコートされて無事投票することができました。ちなみに小選挙区は最後に住民票のあった選挙区で投票することになります。

在外選挙人証(裏)

投票が終わるとこのように選挙人証の裏面に投票したことを記録されます。今年7月に行われる参議院選挙は恐らくブリスベンの領事館で投票することになりそうです。昨年嫁はんと子供のパスポートの更新手続きで領事館のゴールドコースト領事出張サービスに行った時に領事館の方が在外選挙について一生懸命アピールされていました。ちょっと面倒ですがせっかくの投票権を無駄にしないためにも登録資格のある人はあらかじめ在外選挙人証を入手しておきましょう。

東京都尖閣諸島寄附金 10万件突破!!

寄付金受付開始からわずか1ヶ月で10億円突破した東京都尖閣諸島寄付金のその後ですが、8月28日の時点でついに10万件を突破しました。本当は10万人突破と言いたいところですが、一人で何回も寄付した人がいたりするらしいのであくまでも件数です。金額の方も14億5千万円にもなっています。さすがに最初の勢いこそ無くなってきていますが、それでも毎日数百万円ペースで増えていってます。全期間平均で1件あたり約1万4千円、8月中の平均でも1件あたりの平均が約1万円を保っています。寄付金の増え方としては稀有な状況が続いていると言えるでしょう。しかもグラフをよーく見てみると8月辺りから増加ペースが若干ですが増えているように見えます。きっと何かあったのでしょうね。(笑

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 10万件突破