「旅行」カテゴリーアーカイブ

JAPAN RAIL PASS

JAPAN RAIL PASSとは

P1080746

外国の人が日本国内を旅行する時に便利な切符としてJAPAN RAIL PASSというJRの商品があります。これはざっくり言うと、一定の期間日本国内のJR鉄道バス船などが載り放題という非常にお得な切符です。期間は7日間14日間21日間の3種類でグリーン車普通車の種別の全部で6種類です。例外事項などもあるので詳しくはジャパンレールパスのサイトを見て確認してください。 続きを読む JAPAN RAIL PASS

軍艦島に行って来た

先日、Googleのストリートビューで軍艦島が見ることができるようになったというニュースを読んで、昨年12月に軍艦島に行って来た時のエントリーを書いてみようと思いました。

2012年12月6日、家族で来ていた長崎観光の2日目の朝にオランダ坂近辺を散策していたら携帯が鳴りました。「本日の軍艦島ツアーは波が高いため中止になりました。」 午前中の便を予約していた軍艦島ツアー会社からの連絡でした。その会社の午後の便は団体客で満員ということで明日の便に変更をしてもらい一旦電話を切りました。「でもひょっとしたら他の会社なら船が出るかも?」と急遽別の軍艦島ツアーの会社に電話してみました。そうしたら船が出るそうです。早速その場で予約入れて元のツアーはキャンセルさせてもらいました。後で聞いてみるとその日に船が出たのは急遽電話したその1社だけだったようです。

続きを読む 軍艦島に行って来た

諏訪-松本旅行 3

松本 (12月16日)

松本と言えば松本城。松本駅行きのホテルの送迎バスで途中下車させてもらってまず松本城へ。

松本城

松本城

太鼓門を通ってぐるっとお堀の外から城を眺めます。そして黒門を通って城の方へ。すると脇に宇宙ツツジが植えてあります。お城と宇宙とちょっと意外な組み合わせですね。

松本城 太鼓門松本城 入口松本城 黒門宇宙ツツジ宇宙ツツジ

松本城は改修工事で一度分解して立て直しましたが構造そのものは元のものと同じままだそうで内部はかなり見応えがあります。さらに各階にある展示物が結構面白いので見て回るのに時間が結構かかりました。

松本城矢狭間・鉄砲狭間松本城 乾小天守松本城 天守一階松本城 天守一階
懸魚芯材松本城 天守二階松本城 天守二階松本城 天守二階松本城 天守三階
松本城 天守三階松本城 天守四階松本城 天守四階 御座所松本城 天守五階への階段松本城 天守五階
松本城 天守五階 木連格子松本城 天守五階松本城 天守五階松本城 天守六階への階段松本城 天守六階
松本城 天守六階松本城 天守からの眺め(東)松本城 天守からの眺め(北)松本城 天守からの眺め(西)松本城 天守からの眺め(南)
松本城 天守六階国宝指定書松本城 天守六階松本城 天守六階 天井松本城 天守六階
松竹梅桐紋蒔絵茶弁当籠松本城 辰巳附櫓二階 花頭窓松本城 月見櫓松本城松本城

この日は結構冷え込んでいて昼間でも1℃くらいしかありませんでした。

気温1℃

松本市立博物館

松本市立博物館

次は松本市立博物館。ここの展示見学は松本城の入場料金に含まれています。ここの宝船の展示のところで説明の人が色々と松本のお祭りのこととか教えてくれました。それも見学の人がほとんどいないこともあってかなり熱心に。

版木中庸天守修理 (上:明治~大正、下:昭和)明治時代の室内ソニーのテープレコーダー
みすず細工宝船七福神宝船七福神七夕人形

お次は日本最古の小学校のひとつの旧開智学校へ。途中でまた見つけました赤ポスト。それからマンホールの蓋が小毬のデザインなのを発見。

松本の赤ポスト松本のマンホールの蓋

 旧開智学校

旧開智學校

旧開智学校旧開智学校旧開智学校旧開智学校風見 東西南北旧開智学校

旧開智学校

松本オルガン桟唐戸尋常小学読本旧開智学校旧開智学校桟唐戸

ギヤマンの窓ギヤマンの窓からきれいな光が旧開智学校旧開智学校明治天皇行幸の碑旧開智学校

昔から現代までの教科書の展示が懐かしかったり、やけに古臭く感じたりで面白かったです。黒板に今日の日付が書いてあるところはきっと日直当番の仕業なんでしょうね。

開智小学校

こちらは旧開智学校の南側にある現在の開智小学校。

旧司祭館

旧司祭館

旧司祭館旧司祭館旧司祭館旧司祭館旧司祭館旧司祭館

旧開智学校の隣にある小さな洋館が旧司祭館。ここはささっと見て終わり。

なわて通りから中町通りへ

アナザー松本城なわて通り四柱神社四柱神社四柱神社

見ろ鳩がゴミのようだ!!なわて通りなわて通り女鳥羽川中町通り

色々なお店があるのですが、シーズンオフの平日で人通りはほとんどありませんでした。

松本市時計博物館

松本市時計博物館

下諏訪の時の科学館が休館だったので外したくなかった松本市時計博物館。開いてました。ここは本田親蔵氏が収集した古時計コレクションを展示しています。中では説明員の人がほとんどつきっきりで私たち以外誰もいない状態で説明してくれました。ここにある時計はほとんど全部が実際に動いている状態で展示されています。

本田親蔵本田親蔵と古時計印籠時計4時がIVパターンのフライパン時計宝石取巻大理石飾置時計床置塔時計

ローリング・ボール・クロック松本市時計博物館松本市時計博物館ローリング・ボール・クロック松本市時計博物館松本市時計博物館

源智の井戸

帰りの列車の時間までまだ少しあったので源智の井戸まで足を延ばしました。

源智の井戸

源智の井戸源智の井戸源智の井戸

帰路

松本駅松本駅あずさ26号

15:47発のあずさ26号で帰路に。

諏訪-松本旅行 2

下諏訪 (12月15日)

下諏訪駅

今日はJRで一駅先の下諏訪へ。さっそく開店準備中の観光案内所に押し入り、周辺の地図をもらって歩いて回れる範囲のお薦めコースを聞く。結局、諏訪大社下社春宮→万治の石仏→諏訪大社下社秋宮の順で回ることにしました。

下諏訪駅前の御柱春宮大門力石下馬橋怪しい人・・・

荷物を駅のコインロッカーに入れて身軽になって駅前の古い御柱を見てから春宮へ続く大門通りの入り口の春宮大門へ。そのまま北へ大門通りを上がったところに力石や下馬橋があり、そのすぐ先に諏訪大社下社春宮が現れます。

諏訪大社下社春宮

諏訪大社下社春宮

諏訪大社春宮 神楽殿諏訪大社下社春宮諏訪大社下社春宮諏訪大社 春宮二之御柱私 日本人でよかった
諏訪大社下社春宮諏訪大社下社春宮諏訪大社下社春宮

それにしても人影が少ない。ほとんど貸切状態でお参りできました。お次はここから近くの川にあるという浮島神社と万治の石仏へ。

万治の石仏

万治の石仏

浮島神社万治の石仏万治の石仏 お参りの仕方万治の石仏万治の石仏

この万治の石仏はお参りの仕方が書いてあってそのとおりにお参りしました。私達が終わって帰る頃に入れ違いで来た人達も同じように石仏の周りをまわってお参りしているのが遠目に見えました。皆説明書に忠実ですね。川沿いを下がったところに岡本太郎揮毫の石碑があります。岡本太郎はこの石仏がとても気に入って何十回もここを訪れたそうです。

伏見屋邸

お次は中山道を通って諏訪大社下社秋宮へ。私はあちこち写真を撮りながら、娘と嫁はんが先行。すると途中の古い民家っぽい家の前でおじいちゃんに客引きされる嫁はんが。「タダだしお茶でも飲んでいって」と入ってみたらお店かと思ったら伏見屋邸でした。誘われるままに部屋に上がるとそこにはこたつとみかんが待っていました。

伏見屋邸

伏見屋邸伏見屋邸伏見屋邸伏見屋邸伏見屋邸伏見屋邸

そこでおばあちゃんがお茶受けを色々と小皿で出してくれるのです。小皿でと言ってもそれこそ人数分×品種分で出してくれようとするのですごい量です。それを何とか押しとどめてやっと写真のような感じでした。なんかもう、ここでお腹いっぱいになってしまいました。無料で申し訳ないくらいです。お話を聞くと、「伏見屋邸サポート倶楽部」という地域住民によるボランティア活動で当番制で案内とお茶のおもてなしをしているそうです。こたつに入ってぬくぬくと時間を忘れてしまいそうになるのをなんとか抜けだすことに成功。ありがとうございました。

御作田神社前の水場御作田神社なまこ壁宿場街中山道茶屋「松屋」
下諏訪青塚古墳下諏訪青塚古墳P1030725つる屋跡本陣岩波家

中山道を御作田神社、宿場街、青塚古墳、本陣など経由して下社秋宮へ。

諏訪大社下社秋宮

諏訪大社下社秋宮

P1030745諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮 二之御柱
諏訪大社下社秋宮 一之御柱諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮
諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮諏訪大社下社秋宮

春宮とよく似ていますがこちらの方が立派というか大きいですね。閑散とした境内の中を焚き火の煙が良い感じに漂っていて差しこむ光がきれいでした。ここで丁度正午になるところだったので秋宮入り口にあったオルゴールが動くのを待つことに。

諏訪大社下社秋宮前のオルゴール塔諏訪大社下社秋宮前のオルゴール塔諏訪大社下社秋宮前のオルゴール塔

その後、諏訪湖オルゴール博物館を経て諏訪湖時の科学館儀象堂へ。ところが…

諏訪湖時の科学館 儀象堂諏訪湖時の科学館 儀象堂

まさかの休館日。12月から3月まで木曜日が臨時休館日になったそうです。ここはちょっと楽しみにしていたので残念。気を取り直してちょっと道を戻り来迎寺へ。ここには和泉式部供養塔があります。

来迎寺来迎寺来迎寺来迎寺和泉式部供養塔来迎寺

あとは門前ひろばでちょっと足湯に浸かり、次の目的地の松本に向けて下諏訪駅に戻ります。

P1030817御柱モニュメント苔泉亭高木時計店門前ひろば 足湯門前ひろば 足湯
御田町通り犬射馬場跡犬射馬場跡下諏訪駅前下諏訪駅構内天気の良い日には富士山が見えます

ここで松本行きの電車に乗るために渡り廊下を渡るところで富士山を微かに見ることができました。デジカメで撮れるかどうか怪しかったですが原寸で見るとほんのり写っていました。ちょっと良いものを見て得した気分です。

下諏訪駅構内から富士山を望む

松本へ

松本へ

下諏訪から松本へは普通列車で約30分ちょっと。松本駅は人も多く結構と都会でした。宿はちょっと市街地から離れたところにあって送迎バスの時間までその辺えをぶらぶら。宿は美ヶ原温泉のホテル翔峰。部屋指定なしの安いプランで申し込みましたが結構広くていい部屋になりました。

松本駅松本駅前錯覚を起こしそうな階段ホテルの部屋からの眺め

明日は三日目(12月16日)松本見物(続く)

諏訪-松本旅行

昨年12月14日から16日にかけて家族3人で諏訪・松本へ温泉旅行へ行った記録

上諏訪へ (12月14日)

新宿から8:30発のあずさ7号に乗って一路上諏訪へ。

あずさ7号

車中で『知っておきたい「日の丸」の話』という本を読んでたのですが、その中で山梨県塩山に日本最古の日の丸があると書いてあって、「へー」と思って外を見ると丁度塩山駅でした。

日本最古の日の丸のあるまち

今回はパスですがこういうのを見つけると途中下車してみたくなりますね。

上諏訪着

ともあれ、11時過ぎに上諏訪駅に到着。いきなり駅内に足湯があります。

上諏訪駅 足湯上諏訪駅 足湯

とりあえず外に出て観光案内所で周辺地図をもらってから荷物を預けるために宿に行きます。

上諏訪駅諏訪市観光案内所

その後諏訪湖畔を散歩。今の季節って本当にシーズンオフなんですね。ぱっと見渡しても観光客っぽいのは我々だけです。12時半の間欠泉の時間までの時間つぶしにタケヤ味噌会館に寄ったもののあっという間に見終わってしばし待ち。

諏訪湖P1030299P1030296諏訪湖

 

タケヤみそタケヤ味噌会館諏訪湖間欠泉センター

諏訪湖間欠泉

諏訪湖間欠泉 諏訪湖間欠泉

間欠泉は思っていたよりも意外としょぼかったです。

お次は高島城へぶらぶらと。

P1030366CLASUWACLASUWA八重垣姫像デゴイチ
諏訪湖園鳥二題P1030405ナナカマド八重垣姫像

P1030419P1030423遠くの方に・・・もう少し・・・

高島城

諏訪高島城

高島城からP1030449諏訪護国神社高島城高島城のキハダ高島城から諏訪湖方面を望む

この時期(12月)閑散としてました。城内は展示物中心で撮影禁止でした。やはりお城は桜の季節がいいですね。

高島城の後はプラプラと歩きながら今日の宿へ。

赤ポスト宮坂醸造丸高工場並木通りP1030491温泉P1030500P1030502P1030506赤ポストP1030513P1030517不本意P1030519かたくら諏訪湖ホテル

ホテルでチェックインしたらお隣の片倉館千人風呂へ。

片倉館片倉館片倉館片倉館片倉館片倉館片倉館片倉館片倉館

二日目 下諏訪へ(12月15日) 続く

 

 

日本へ

約1年9ヶ月ぶりに日本に3週間の予定で家族そろって帰ります。

嫁はんの実家が東京で私の実家が神戸でそれぞれ自分の実家に2週間づつ滞在という形で今回はゴールドコーストから成田へ飛び、帰りは関空からゴールドコーストの予定です。

クーランガッタ空港 クーランガッタ空港出発ロビー

妹に頼んで送ってもらい空港に到着。ゴールドコーストから近いのでかなり便利です。以前この空港に降り立ったのはシドニーから国内線として到着した時でした。今日の便は成田直行の初就航便です。チェックインカウンターの前にはテレビカメラを抱えた人がウロウロしていました。一度私にインタビューしようとしてマイクを私のほうに向けて「Do you speak English?」と訊かれて思わず「No!」と即答した私は小心者です。日本行きの荷物は重量はそう重くないのですんなりチェックインできて出発ロビーへ。国際線の出発ロビーとしてはかなり狭いかなぁ。結構人でごったがえしていました。ゴールドコーストから日本へ直行なので便利なのですが設備の面ではもう少し良くなって欲しいです。

ジェットスターの機体 搭乗の列

マスコミ タラップ

出発ロビーから搭乗までは空港の中をてくてく歩いていきます。いかにものんびりしたローカル空港ですね。

初就航のおみやげ スパークリングワイン

これは初就航便ということでもらったグッズです。それと搭乗口で大人はスパークリングワインを子供はぬいぐるみをそれぞれ配っていました。夕方午後7時頃成田に到着。そのまま京成電鉄で嫁はんの実家へ。真夏から真冬への移動ですがまだ寒いという実感がわきません。

Bald Rock National Park

map

今日は昨日の歩きで筋肉痛の身体を引きずりつつBald Rock National Parkへ。昨日のGirraween National ParkはQueensland州にあり、Bald Rock National ParkはNew South Wals州で互いに州境に背中合わせに接しています。宿は地図の左の外にあります。一旦地図の下の方に下がってTenterfieldという町で再び北上して地図の右側に道路につながる約75キロの大回りになります。

20080927-094132 20080927-100841

宿をチェックアウトしてひたすら走ります。 小一時間ほどで公園に到着。ここはBald Rock以外にも見所はあるみたいですが時間の関係で今回はBlad Rockに登るだけにします。登るルートは直接まっすぐに登るのと横の緩やかな道を登るのと二つあります。帰りにゆるやかな道を通ることにして登りは直接コースを行きます。

登り口 中腹

ブッシュの中を5分ほど歩くと登り口に出ます。ここから白いペンキの矢印に従って登って行きます。昨日のThe Pyramidsほどではありませんが一枚岩の斜面はけっこうきついです。ここの一枚岩はミニエアーズロックとも言われているらしく遠いエアーズロックに行く代わりにここを訪れるゴールドコーストの観光客もいるそうです。ちょっと登るとかなり見晴らしが開けてきます。この岩肌を登るのはいいですが降りて行くのはちょっと怖いかも。一旦転がると下までいってしまいそうです。

分岐点 20080927-103726

上の写真がコースの合流点です。右奥の方が緩やかコースになっています。ここまで来ると割と平坦な道になります。

20080927-103950 20080927-104306

20080927-104436 20080927-104453

山頂近くの岩肌全体にきれいな色の縞模様が見えます。

Bald Rock 山頂 記名簿

山頂には記名簿が設置されています。QLD側のThe PyramidsにはありませんでしたがNSW側ではこういった記名簿を置いてあるようです。しばらく眺めを満喫してから今度は緩やかコースで下りていきます。

20080927-113206 20080927-113439 20080927-113712

20080927-113838 20080927-114150 20080927-115337

緩やかコースと言っても退屈なコースというわけではありません。色々な変わった岩がゴロゴロしていて見るだけでも楽しいです。コースも大岩の隙間を通っていくようになっていて面白いです。

20080927-124844 20080927-122936

10時くらいから登り始め、下りてきてちょうどお昼の時間。大体2時間くらいで充分楽しめますね。またコンロでお湯を沸かしてスープとクラッカーで軽い昼食。

とうわけで今回の旅行はここまで。帰りは行きと同じ道だと面白くないのでTenterfieldまで戻りそこからひたすら東へ車を走らせて約200キロでBallinaという海岸の町に出ます。そこから1号線(M1)を120キロほど北上してゴールドコーストに夕方到着。運動不足がたたって筋肉痛ですが楽しかったです。

Girraween National Park

旅行2日目の今日はGirraween National Parkへ。

カンガルー

宿から車で30分ほど走ると公園の事務所のある広場に到着。さっそく野生の子連れカンガルーがお出迎えしてくれました。

The Pyramids Bald Rock Creek

上の写真が今日の一番の目的地のThe Pyramidという岩山です。大体この辺は地盤が岩でできていてそれが長い年月をかけて侵食されていって面白い風景があちこちで見ることができます。

Granite Arch 奇石 The Pyramids への道

表示板 丸岩

左上の写真は Granite Arch という自然にできた岩のアーチです。この辺りは道がよく整備されていて迷うことはありません。同宿のオージー夫婦とここで出会いました。

The Pyramid 登り口 20080926-103129

いよいよここからが登り口です。かなり急な一枚岩の斜面です。日本なら岩に階段の刻み目がついていたり鎖や手摺が整備されてあちこちに注意書きがあるところですが、ここでは岩肌に所々にペンキで書かれた点で経路を示してあるだけです。ちょっと気を抜くと転げ落ちてしまいそうな場所でも注意書きなどありません。そこを大人に引率された小学生とおぼしきグループがどんどん登っていきます。恐い恐いと言いながらも楽しそうな様子です。

岩の群れ 山頂付近から見える隣の岩山

微妙に立っている岩 The Pyramids 山頂 岩の廊下

山頂近くに微妙な感じで立っている巨大な岩があります。常に誰かが交代で支えていないと転がってしまいます。(ウソ)  ここまでゆっくり歩いて大体1時間半くらいでした。

トカゲ? 降りるのも大変だったり

ここは登るよりも下りる方がちょっと恐いかもしれません。子供は楽しそうに下りていきましたが嫁はんはちょっとへっぴり腰でゆっくりと下りていきます。

コンロとヤカン カップヌードル

ともあれ、無事にふもとの広場まで下りてきたらちょうどお昼の時間。持参のコンロでお湯を沸かしてカップヌードルの軽い昼食です。午後はその辺のお店でみやげ物を探索するつもりでしたが、事務所でもらった地図を見てみるとこの奥の方に面白そうな場所があるようなので行っていることにしました。

Underground Creek 20080926-133500 20080926-133728

Granite Rocks 20080926-135116

車でちょっと奥へ進むと駐車場があってそこから徒歩で20分ほどでUnderground Creekへ到着です。岩がオーバーハングしてその下の岩の割れ目に小川の流れが通っています。岩遊びが好きな人にはとても面白い所です。子供が上に行ってみたいというので横の岩の隙間の道を探し出して行ってみました。嫁はんは怖いので下で留守番。

20080926-135135 20080926-135246 20080926-135424

クジラ? 20080926-140544

上に出てみると風景が一変します。色々な形の岩があり池がありで子供が喜んであちこち岩を飛び歩いていき、時間があっという間に過ぎていきます。地図の案内文には2.8キロのコースで往復2時間と書いてあり、ちょっと時間がかかり過ぎなんじゃないかなと思っていましたが納得です。

Dr. Roberts Waterhole Dr. Roberts Waterhole

お次はここに来る途中の分岐点のもう片方のDr. Roberts Waterhole。水面が綺麗な小川のほとりです。もう皆かなりお疲れなのでちょっとここで休憩して駐車場に戻ります。途中のカフェでちょっとお茶して宿に戻ります。

Anna's Restaurant Anna's Restaurant

夕食はStanthorpの町にあるイタリアレストランのAnnas RestaurantでBuffet(バイキング)。行ってみると同宿のオージー夫婦とまた遭遇。彼らと行動パターンが同じみたいです。田舎町のレストランですが結構混んでいました。

The Milky Way Magellanic Cloud

宿に戻って今夜も天体観測。今晩はデジカメで夜空の撮影をしてみました。単純に露出1分くらいでこんな写真が撮れます。左の写真が天の川で右側のが大小マゼラン雲です。宿のご主人が「ここでは曇りの日の方が空は暗いんです。晴れると星の明かりで空が明るいので。」とおっしゃってました。肉眼でふと空に目を向けるだけで天の川が見えるというのは素晴らしい経験でした。

Stanthorp

オーストラリアへ移住してきてから初めて二泊三日の旅行に出かけます。

今回はゴールドコーストから300キロほど内陸部に入ったスタンソープ(Stanthorp)という場所に行きました。

Nerangから90号線を100キロほど西へ進み、Boonahで93号線を南下。15キロほど行ったところで細い道へ西へ入り込んで行きます。

Beaudesert 牛だよー

この辺は幹線から外れたので未舗装で所々で牛が道路を占拠してたりなかなか飽きない道です。

Carr's Lookout Queen Mary Falls National Park Queen Mary Falls

途中、Carr’s Lookoutで車を停めて景色を眺めましたが結構寒い。確かこの辺は標高1000mくらいあるので春先の今はまだ油断できません。昼前にQueen Mary Fallsに到着。滝の上に駐車場があり、遊歩道をだどって降りて行くと滝の下に出られます。ぐるっと一周して約40分。駐車場横のピクニックエリアで持ってきたおにぎりで昼食。食べ終わった頃をみはからったかのように雨が降ってきたのでそそくさと再び車に。

20080925-125754 Stanthorpe Information

ひらすら2時間ほど走り続けて午後2時過ぎにStanthorpのインフォメーションに到着。ちょっと行ってみたいアイスクリーム屋があってその場所をここで確認。

イチゴの看板 イチゴ畑

The Bramble Patch

Stanthorp から15号線を南に12キロほどのGlen Aplinを過ぎた所で左に折れてしばらく行くとイチゴの看板がいくつも見えてきます。その一番奥まったところに一面にネットを張ったイチゴ畑が出現。そこの売店でジャムやアイスを販売してます。ここでアイスクリームを買っておやつタイム。その後15号線に戻ってさらに南に8キロほど行くと今回の宿に到着です。

twinstar guesthouse dome

telescope sunset

宿はB&B(Bed & Breakfast)のTwinstar Guesthouse Observatory です。その名のとおりこの宿には天文台があってそこでの天体観測が今回の旅行のお目当てのひとつなのです。夕食はここで頂き、夜8時半からここのご主人(日本人)の案内で同宿のオージー夫妻と共に天文台で観測会。運良く良く晴れていて素晴らしい夜空を満喫できました。