Windows 10バージョン1511から1607へアップデートできない


Windows 10のパソコンをファクトリリカバリしてから最新状態にアップデートしようとした時に、バージョン1511から1607へのアップデートがその都度失敗したと言って元に戻ってしまい、一向にアップデートできないという現象が発生しました。

参考) Windows 10 version history

俗に言うAnniversary Updateがうまくできないという割と(?)よくある出来事らしいのですが、ファクトリリカバリ状態からそのまま素の状態でアップデートができないのは困りますね。しかも再現性があるみたい。
物はDELLのInspiron XPS15 9550でWindows 10 Home Edition。
調べても明確に「これ!」という解決方法が見つからず。ググると、修復ツール使ったり、レジストリいじったり、Chromeをアンインストールしたらできたとか、別アカウントで作業してみるとか、色々な情報が交錯しているようです。色々やってみて結局うまく出来た条件を未来の自分へのメモとして残すことにします。

  • 標準以外のブラウザをインストールしない。(EdgeとIEのみ)
  • プリインストールのマカフィーをアンインストールする。
  • マイクロソフトアカウントではなくローカルアカウントで作業する。

どれが効いたのか今となっては分からないですが、どれも単独では効果が無かった感じがします。多分アンチウィルスソフトが原因として一番怪しいと思っています。マイクロソフトアカウントは以前の設定を引き継いできてしまうので問題の切り分けがやりやすいようにローカルアカウントで作業したので、これはひょっとしたら無関係かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です