続 在日外国人の犯罪は多いと言えるのか?


先のエントリーで在日韓国・朝鮮人の刑法犯検挙率が高いことが分りましたが、ここでデータをもう少し掘り下げてみましょう。

この表は先のエントリの表に在日外国人から韓国・朝鮮人を除いて計算した数値と意外に低いと指摘した中国の数値を追加したものです。これは、韓国・朝鮮人の数値の影響が大きくて全体の数値が底上げされてしまっているように見えたので、そこが分るようにしてみたかったからです。

それをグラフにしたのがこちらです。黄色の線が在日韓国・朝鮮人を除いた在日外国人の刑法犯検挙率になります。緑色の在日外国人全体の線よりも大分下の方に来ていて、日本人の半分から2分の3くらいの低い水準だということが分ると思います。茶色の中国の線はさらにその下を推移していますね。

このグラフは在日外国人の国籍別人口推移です。大雑把に言って中国人と韓国・朝鮮人がそれぞれ4分の1を占め、残りがその他という感じになっています。在日外国人というくくりで見た時、中国人と韓国・朝鮮人は人数規模がほぼ同じの主要集団なので何かを比較するのに適していると思われます。ここで両者の間にこれほどまでの検挙率の差が認められる以上、その内訳を見てみない訳にはいきません。

このグラフは再掲になりますが、中国と韓国・朝鮮のみ取り出してみたものです。韓国・朝鮮の70%を占める特別永住者以外の30%の部分に中国と同じような種別構成の人が圧縮されて存在しているように見受けられます。両者ともほぼ同じ人口です。なのに刑法犯検挙率が大きく異なるのはやはり突出した特別永住者の存在を無視するわけにはいかないでしょう。

警察庁からこの切り口でのデータは公表されていないので、これ以上掘り下げることは難しいです。ここは今後の警察庁のさらなるデータ公開に期待したいところです。

これまでのデータの解析から現時点で少なくとも言える事は、

  • 在日外国人の犯罪は多くはない

  • ただし、在日韓国・朝鮮人の犯罪は多い

ということになります。

最後に、公的な公開資料の計算結果からここまで鮮明に在日韓国・朝鮮人の犯罪(刑法犯検挙率)が多いという結果が出てくるとは思っていませんでした。どこかで計算ミスをしているかもしれませんので、もし何か訂正すべき点などがありましたら、コメントでお知らせ下さるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です