MR03LNをALDI mobile SIMで使ってみる


昨年末の日本帰国時にSIMフリーの決定版ということでNECのMR03LNをOCNモバイルONEと共に入手しました。年末に使用開始して、初月無料の特典を使い切った1月末で解約してそのままこちらに持ち帰って放置してました。それを、今回こちらの格安SIMで使えるかどうか試してみました。

ALDI mobile

実は、こちらには割とあちこちにフリーのWiFiスポットがあって、そんなに不便ではないのです。なので、とにかく安いプリペイドSIMでいいやということで、試しにこれに使ってみました。日本みたいに格安SIMが百花繚乱という訳にはいかないのですが、維持費が安くて比較的長く使えるので選んだのがALDI mobileです。P1290459ALDI というのはドイツ基盤のディスカウントストアチェーンで、このSIMは店のレジ横などにスターターパッケージが置いてあって5ドルで手に入ります。

Telstraの3G回線を使い、海外ローミングはできないけど安いというのが特徴です。

このSIMをアクティベートするには携帯が必要です。インターネットからアクティベートできるのでひょっとしたら携帯無しでもできるかもしれませんが、とりあえず手持ちの携帯使ってアクティベートの確認をしました。

アクティベートすると5ドル分の通話とSMSが使えます。着信専用ならこれだけで365日間使えます。

普通に使うにはまずPAY AS YOU GOというプランを購入(チャージ)します。これが最低15ドル。MR03LNの場合はデータ通信のみなのでData Packsをさらに購入(チャージ)しますが、この費用は先のPAY AS YOU GOでチャージした分から充当できます。データ通信のプランは1.5GB30日間で16.5ドルまたは3GB30日間で30ドル。使い切ったらPAY AS YOU GOの残額から割高料金(5c/MB)で消費されるので、必要に応じてその都度再チャージすればOK。

言葉にすると複雑ですが、5ドルで着信用の携帯番号が手に入り、通話だけなら365日間有効、必要に応じて通話料金を追加チャージするか、よりお得な30日有効のValue PacksData Packsを追加チャージすることで使用状況に応じて臨機応変に対応できるので、ライトユーザーにとって魅力的です。

まとめると、データ通信専用の場合は5ドルの初期費用+15ドルのチャージで1.5GB30日間利用可能(と3.5ドル余り)になります。

MR03LNにSIMを入れてみる

アクティベートが終わったSIMをMR03LNに入れて電源を入れると、すぐに3G表示で電波が入ります。WiFi経由で設定画面に入り、APNの設定をします。ALDI mobileの設定情報はこちら。と言っても APN に mdata.net.au と入力するだけ。

P1290456 P1290455

接続先は Telstra(日本のNTTに相当)です。
回線速度のテストはしてませんが、普通にタブレットでメールチェックやFBなどを違和感なく使えています。普段は家や外のWiFiを使いつつ必要な時にこれでカバーするという使い方ならこれで充分でしょう。

時計表示が何故か出てきません。設定でNTPサーバーを色々指定してみましたが駄目でした。まあ、時計はこれで見ることは無いのでこれ以上追及しないことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です