マジックアイ(旧記事引越)


注:大昔の固定記事を保存整理のためblogへ移行。新しい事はなにもありません。

マジックアイ(Magic Eye)


MagicEyes

マジックアイとは、昔のラジオで同調をとる時にメーター代わりに使用した蛍光表示の真空管デバイスです。緑色の扇型の表示で、信号の強弱で扇の角度が変化するものです。テープレコーダー(当然オープンリール)のメーターにも使われていました。


6E5

6E5ST管のマジックアイと言えばこの管が定番です。5球スーパーに付け加えて豪華なラジオになったものです。ST管なので表示サイズも大きく神秘的な緑色の輝きは今でも目に焼き付いています。

UZ(6pin) ST
Eh = 6.3V
Ih = 0.3A
Ep = 250V
Ecg = 0 ~ -8V
Ip = 0.24mA
Target Voltage = 250V
Plate Load = 1M ohm
Target Current = 4mA


6ME10

6ME10MT管のマジックアイです。ST管と比べて表示サイズが小さいので迫力はあまりありません。

7pin MT
Eh = 6.3V
Ih = 0.15A
Target Voltage = 110V
Plate Load = 1M ohm
Shadow 90 deg. = -3V
Shadow 0 deg. = -7V


6DA5

6DA5これもMT管のマジックアイです。他のマジックアイとの大きな違いはその表示方向と形があります。これまでの管の軸方向に表示面があったのに対して管の側面に大きく配置されています。6E5程ではありませんが、MT管でできるだけ表示を大きくしようと努力したようです。

9pin MT
Eh = 6.3V
Ih = 0.3A
Target Voltage = 250V
Plate Load = 500k ohm
Shadow 0 deg. = -5.5V
Shadow 65 deg. = -1V


Copyright 1998 NAKANO, Masashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です