在外選挙


在外選挙制度による在外選挙人証を2年ほど前に入手していたのですが、昨年12月にあった衆議院総選挙でたまたま日本に帰国中でちょっと変則的な投票をすることになりました。

在外選挙人証(表)

在外選挙人証はこんな感じです。海外に居る場合は選挙の前にこの選挙人証を使って投票用紙を取り寄せて郵送で投票するか、選挙期間中に在外公館で投票を行います。今回はこれらには当たらず、選挙人証に記載されている選挙区の投票所で投票します。私の場合投票日に投票できるかどうか予定が不確定だったのでさらに期日前投票で投票しました。

P1100252

12月8日、投票場に指定されている近場の出張所に嫁はんと一緒に出掛けます。そこで期日前投票のための書類を受け取り係の人に在外投票人証の場合の書き方を質問したところ、こんなケースは初めてだったらしく係の人は「ちょっとお待ちください」と言ってどこかに電話をかけ始めました。結局、ここでは投票はできないそうで、区役所でできるということでそちらの方へ移動。

神戸北区役所

ということでやってきました、神戸北区役所。

P1100255

ここでも係の人に聞いてみたら奥から出てきた別の係の人に選挙人名簿の確認から小選挙区と比例代表の両方の投票用紙交付まで完全エスコートされて無事投票することができました。ちなみに小選挙区は最後に住民票のあった選挙区で投票することになります。

在外選挙人証(裏)

投票が終わるとこのように選挙人証の裏面に投票したことを記録されます。今年7月に行われる参議院選挙は恐らくブリスベンの領事館で投票することになりそうです。昨年嫁はんと子供のパスポートの更新手続きで領事館のゴールドコースト領事出張サービスに行った時に領事館の方が在外選挙について一生懸命アピールされていました。ちょっと面倒ですがせっかくの投票権を無駄にしないためにも登録資格のある人はあらかじめ在外選挙人証を入手しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です