WordPress Upload系小技


WordPressをCoreserverで利用していますが、upload系の操作で色々と不都合があって小技が必要です。

1.単にuploadするとsafeモード関係のエラーが出る。

対策1.事前に必要なディレクトリを作成しておく。

・/wp-contents/upload 以下にあらかじめ年月のディレクトリを作成しておく

・ドキュメントルート下に /tmpディレクトリを707のパーミッションで作成しておいて/wp-config.phpに下記修正を入れる。

define (‘WPLANG’, ‘ja’);←このすぐ下に
define (‘WP_TEMP_DIR’, ‘/virtual/[coreserverアカウント名]/tmp/’);

*参考URL wordpress2.6.1に(問題発生)

対策2.phpをCGIモードで動かすようにする。

coreserverの場合は以下の内容の.htaccessファイルを/wp-admin/ ディレクトリに置く。

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

“async-upload.php”の部分は適宜”upload.php”だったり必要に応じて.htaccessに書き足す。

*参考URL http://wpdocs.sourceforge.jp/セーフモードによる制限と対処方法
XREA で WordPress ファイルアップロード機能を利用する

2. Flexible Uploadを使おうとするとエラーが出る。

Warning: call_user_func_array() [function.call-user-func-array]: First argument is expected to be a valid callback, ‘media_admin_css’ was given in /virtual/****/****/****/wp-includes/plugin.php on line 339

対策 以下のコードを、flexible-upload-wp25.phpに追加

function media_admin_css() {
wp_admin_css(‘css/media’);
}

参考URL WordPress2.6のFlexible upload 1.13不具合解消

これはWordPress 2.7の環境でも効果がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です